フェブキソスタット 通販 薬価

尿酸値を下げる薬「フェブキソスタット」

尿酸値をどうにかして下げたいために、痛風の薬であるフェブキソスタットを服用しています。
フェブキソスタット

 

私が痛風に悩まされるようになったのは1年ほど前から。

 

痛風は40〜50歳代で発症しやすい中高年の病気と言われていますが、私は20代後半から発症。
過剰なプリン体や食生活の欧米化、ストレスなどが原因で、耐えられないほどの痛み(激痛)が起こってしまう・・・

 

私の場合は、左足の親指の付け根を中心に腫上がり、前に進むことができないほどの激痛が起こっていました、、、。
左足の親指

 

初めての経験で何が起こったのかわからず、不安と恐怖が入り乱れていました。
とりあえず鎮痛剤を服用し痛みを抑え、病院で診てもらうと、そこで初めて痛風と診断されました。

 

 

1年前に血液検査を測ったときの尿酸値は5〜6mg/dLという数値を記憶しています。
しかし、たったの1年で8.5mg/dLに上昇していました・・・。
上昇

 

先生の話では、血中尿酸値が7mg/dLを超える場合、高尿酸血症となり痛風が起こりやすくなるとのこと。
痛風は、関節にたまった尿酸が結晶となり悪さをするために我慢できないほどの激痛が起こってしまう、、、。

 

 

そこで病院から処方された薬がフェブキソスタット(20mg)です。
こちらは尿酸値を下げる薬ということになります。

 

 

40〜50年ほど痛風の薬には進展がなかったそうですが、このフェブキソスタットは新しいタイプの薬で、効果は高く、副作用が少ないのが特徴的とのこと。

 

フェブキソスタットを通販(個人輸入)で購入する >>

 

 

フェブキソスタットは病院より通販?薬価が安い

フェブキソスタット20mgを朝夕、1日2回服用することで、3〜4ヶ月後でかなり尿酸値が下がっていました。
さすが新しいタイプの薬、副作用をほとんど感じることなく、しっかりとした効果を発揮してくれる。
笑顔

 

先日、血液検査をし尿酸値を測ってみると、8.5mg/dLから6.0mg/dLに下がっていました◎
さすが尿酸値を下げる薬◎◎◎

 

ただ、私が目指しているのが4〜5mg/dLという数値なので、もう少しで継続してクリアしたいと思う。

 

 

しかし、ここでちょっとした問題があります。
それが毎回のように病院に通院をして、フェブキソスタットを処方してもらうことです。
病院

 

どうしても2週間分しか処方してもらへないため、平日の空いた時間を利用し通院をしていたのですが、これから先も毎回のように続くと、かなりつらい悩みになる、、、。

 

 

それからもう一つ、
2週間に1回のペースで薬を貰いに行かなくてはいけないということもあるのですが、その度に診察料を払わなくてはいけないこと。

 

病院通いの日々で時間的にも金銭的にも負担に感じていました。
病院の先生に交渉してみたんですが、2週間が限度とのこと。
通販

 

そこで時間や金銭的な部分をクリアするために考えているのがインターネットの通販を利用することです。

 

 

いろいろ調べてみると、海外で製造・販売している薬の場合は、処方せんは適用せず、個人が利用する場合は可能とのこと。

 

実際に病院で処方されていたフェブキソスタットも通販で購入することができるために、試してみようかと思っています。

 

 

私が病院から処方されていたフェブキソスタットは40mgでしたが、今回通販で購入を考えているのが80mgのフェブキソスタット。
フェブキソスタット

 

40mgも販売されているのですが、価格の安さを考えると80mgの方が安いために、服用するときに半分にしてから使ってみようかと思う。

 

 

ちなみに病院だと1錠あたり約110円でしたが、通販のフェブキソスタット40mgは約90〜100円、80mgは約70〜80円。

 

あくまでも私の場合ですが、80mgは容量が多過ぎるために、半分にして40mgにして服用、そうすれば価格は半分になります。

 

 

通販のお店によりますが、注文をすれば1週間ほどで届くそうで、送料も無料で自宅に届けてくれるとのこと。

 

ただし、通販の場合は「時間、金銭的」にメリットはあるものの、自己責任になるため、副作用や容量、使用方法を把握したのち、購入か否かを検討することが重要になると思います。

 

フェブキソスタットを通販(個人輸入)で購入する >>