昔と異なり現代では増えている

痛風患者数の増加

意外にも若い人で痛風に悩んでいる人はいるみたいです。
1995年は約40万人と言われていたのですが、現在は2倍の痛風患者は80万人以上。この中に私も入っている・・・。さらに、はっきりとした痛風ではないのですが、予備軍として言われる高尿酸血症患者数を含めると、なんと約800万人以上だそうです。

 

これはかなりの人数だと思います。
特に気になるのが、高齢者とともに若い人でも痛風や高尿酸血症の人が増えているということ。あと、今までは女性の痛風は全くいなかったそうですが、現代では続々増えているとのこと。

 

発送率としては40〜50歳代が多く、中高年お病気と言われています。原因としてはアルコールや食事、ストレスなどが大きな要因とされているそうです。

 

昔とは異なり、現代では食生活の変化が起こっているために、どうしても中高年だけでなく、若い世代、女性が増えているとも言われています。

 

なおかつ最近の調査では、ソフトドリンクなど甘み飲料でも痛風になることがわかっているために、ふだんの食生活には敏感にならざる得なくなっている現代。