発作を未然に防ぐために

ピリピリとした痛みを感じた時に

一度でも痛風の痛みを感じたら、二度と体感はしたくないものです。そのために、尿酸値を下げることと、発作が起こる前に薬を服用することです。

 

あくまでも、フェブキソスタットなどの痛風薬は痛風を和らげるのではなく、尿酸値を下げる作用があります。毎日のように服用しつつ、食生活の改善を意識することが大事です。

 

ただし、それでも痛風が起こる可能性はあり、次に発作が起こりそうなとき、痛み止めの薬を服用しておくことで痛みを緩和できます。

 

1日くらい前から前兆のようなものを感じることが有り、足の親指がムズムズしたり、ピリピリしたりと、軽い痛みを感じることが有ります。

 

違和感を感じた時に、フェブキソスタットなどの痛風薬を服用し、関節に溜まった尿酸血症に対して、白血球が攻撃している部分を和らげます。

 

フェブキソスタットは、白血球の動きを強力に抑える作用があり、発作が起こる直前に正常に戻してくれるために、痛みがなくなるわけなんですね。

 

ただし、フェブキソスタットを服用したら激痛を和らげるわけではありません。十分な効果を得られない可能性もあるために、どうしても痛みが起こった場合には、鎮痛剤などを服用します。

 

あくまでも痛みが起こった場合に薬を服用することを意識し、痛みも何も感じていない段階で鎮痛剤を服用すると、副作用が起こる可能性があるために、考え方次第の使い分けになります。