お酒の量はできるだけ下げること

お酒の量はできるだけ少なめに

お酒に対しては悪いイメージというよりも、むしろ良い方向に考えていました。酒は百害の長といって、適量の酒はどんな良酒はどんな良酒よりも効果があるとされている。

 

事実として、アルコールを摂取すると、結構の促進や血圧の正常化、心身の疲労回復、ストレスの解消、免疫力のアップといった健康効果は数多くあり、医学的にも確認されている。

 

ただし問題なのが飲み過ぎることなんです。
ここらへんははうまく自分でコントロールをすることが重要で、どうしても飲み過ぎることで痛風が起こりやすくなるために注意が必要になります。

 

急性アルコール中毒、アルコール性肝臓炎、慢性膵炎などのお酒の依存性などの健康障害が起こると、どうしてもアルコールの量が多くなる。そうなると、尿酸値の平均値よりも高くなり、結果的に痛風が起こりやすくなるといわれています。

 

毎日のように大量の酒を飲むと、尿酸値は確実に上がると言われている。どうして上がるのかというと、肝臓での尿酸の排泄が抑制されてしまい、この部分い利尿作用によって体内の尿酸が濃縮されてしまい、食欲増進効果が加わってしまい、高プリン体のつまみを摂り過ぎる経口になり、どうしても尿酸値が上昇し、痛風が起こるわけですね。

 

 

お酒を飲むことで必ず痛風の発作が多るわけではなく、適量が重要になります。