激しい運動は禁

尿酸値を考えて運動に進められていること

尿酸値というよりも、体の健康のことを考えて、ワタシは毎日のように運動をしているのですが、実は激しい運動は尿酸値のことを考えると禁物だそうです・・・。後は短距離走などにも結構危険だという音なので気をつけなくてはいけない、、、。

 

運動と聞けば、スゴクいい風に聞こえるのですが、ある程度は気をつけなくてはいけないこともある。運動は種類によっては、尿酸値を上げてしまう原因となるので注意が必要。

 

運動に、ウォーキングなどに時間をかけて酸素を取り込みながら行う有酸素運動と、短距離走などのように息を止めて瞬間時に力を入れるような無酸素運動の二つに分けられます。

 

この内尿酸値を上げる原因となるのが無酸素運動で、運動をする場合は、この有酸素運動がオススメ。有酸素運動は尿酸値が上がりにくい体質で、ATPがスムーズに供給されるので、燃えカスが少なく、尿酸値は上がらないと言われています。

 

あくまでも痛風の数値を下げるわけではなく、体の健康を考えた時にオススメ。これに対して、無酸素運動は体に十分な酸素が行き渡らない状態で動いているために、ATPの再利用がうまくいかないお言われている。

 

このエネルギー源が上手に再利用しないから、エネルギーを燃やすことができない。つまり、プリン体の代謝を使ってATPを補充できず、無酸素運動で、尿酸が作る音ができずに、けっかてきに痛風が起こりやすくなるということになります。

 

有酸素運動であっても自分お運動能力を超えると無酸素運動になることなので、無理の無い運動を大切にすることが大事になります。