アルカリ尿と酸性が関係してきます

アルカリ尿、酸性尿

足の関節の部分に激痛が起こる痛風は急に起こるわけではなく、血清尿酸値の測定を測っていればある程度は分かるものです。しかし、普段から健康診断などを怠っていると、尿酸値の数値を理解することができないために、痛風が起こる可能性は十分にあります。

 

血清尿酸値の測定と一緒に尿の酸性測定を測定する尿のPH検査を行うのが一般的で、症状が悪化すれば必ずと言っていいほど行われています。

 

検査の前に尿を摂取することで、試験の紙に酸性度を調べ、色合いでわかることができます。

 

尿PHの基準値はPH値が6.0〜7.0ですが、ここから数値が高くなることで、痛風が起こりやすくなります。あくまでも数値が高くなれば痛風が必ず起こるわけではなく、尿酸値が高くなり、一定期間をすぎることで、痛風が起こる可能性が高くなります。

 

尿酸値が一般の数値よりも高い場合はアルカリ尿といい、あくまでも痛風が関係するわけではありません。その他にも、膀胱炎などが原因で起こることも有り、定位置の場合は酸性尿とも呼ばれ、痛風や尿血清、糖尿病などが見られることも有ります。

 

痛風の人は尿が酸性になりやすいので、定期的な検査を行うことは必要となります。

 

尿検査ではPHのほか、尿蛋白、尿糖、尿量などを調べることで、肝臓機能の異常などがわかります。まずは以上を感じる前に、健康診断を定期的に受けることをおすすめします。