プリン体と同じくらい考えなくてはいけないこと

意識したい食事管理

尿酸値が高くなる一つの原因としてはプリン体の多い食事やアルコールを毎日のように吸収したことです。しかし、プリン体だけでなく、加藤や糖質も原因の一つです。

 

尿酸値を上げる食品として油断ならないのが甘いモノを含まれる糖質で、多糖類と単糖類、そして二糖類の3種類にわけられていますので、食事をうまく使い分けることが大切です。

 

食べることが決して悪いことではありません。食べ過ぎることで、尿酸値を高くするおそれがあるので、計画的な食事管理を意識したいものです。

 

多糖類は穀類やイモ類に含まれるデンプンに多く、単糖類は貨物やはちみつなどに含まれる加藤やブドウ糖などです。特に多い果物は、バナナやぶどう、りんごなどですね。それから、二糖類は佐藤に含まれるショ糖、牛乳に具組まれる乳糖、水飴に含まれる少糖になります。

 

 

糖分はエネルギー源となり、体力を詳報した時や低血糖の状態になるために、うまく利用しておくことは重要になります。

 

ただし、過剰摂取した場合は、脂肪として蓄積されるために、尿酸値を上昇させてしまいがちになります。
エネルギーへの転換に時間がかかり、なおかつ脂質として体内に蓄積されるので、毎日の食事の中で、どれだけ意識できるのかが重要になります。

 

脂肪の蓄積を少なくすることで、体にあった栄養分を毎日とり、プリン体や加藤や糖質は控えることで、尿酸値を下げることにつながります。